全長234mの日本一の海浜タワー

福岡に来て最初に目にする景色として印象的なのが、日本一の海浜タワーとしてそびえ立つ「福岡タワー」です。

場所は博多湾をすぐ目の前にした高速道路沿いにあり、福岡市内からならかなり遠くからでも見ることができる存在感となっています。

アクセスをするには福岡空港から博多駅へ出てから福岡市営地下鉄空港線で天神駅・西新駅・藤崎駅のいずれかで降車をして移動していきます。

バスを利用することもでき、その場合には博多のバスターミナルより約25分の移動時間で到着をすることができます。

また空港に最初に到着する場合には福岡空港ターミナルから福岡タワー行きの直通バスも出ているのでそちらを利用すればさらに短時間で移動可能です。

福岡市全体がそれほど広い範囲に観光地が散らばっておらず短い移動時間でそれぞれの場所に移動ができるので、まず迷わずに福岡タワーにも行くことができるのではないかと思われます。

一度天神など街中に出て観光をしてからタワーを目指すルートもあるので福岡市内観光のどこかに入れておくと便利です。

参考>>福岡タワー公式サイト

福岡市有数のデートスポット

ももち浜

福岡タワーは博多観光の名所であると同時に、福岡市民にとってのデートスポットの定番でもあります。

福岡タワーの所在地である福岡市百道浜(ももちはま)は「百の恋が集まる場所」とも言われており、出会いがある場所として縁起を持たれているスポットだからです。

これは歴史的に百道浜が船の交流に使われており、国内外から多くの人が訪れていた港町であったことが由来になっています。

福岡タワーを「恋人の聖地」として紹介することもあり、タワーの目の前にあるももち海浜公園を散策したりするうちに自然と二人の距離も縮まっていきます。

新婚旅行やカップルでの旅行なら必ず福岡タワーの展望台には行ってもらいたいですね。

恋人同士ではなくファミリーや団体旅行にとっても福岡タワーは見どころの多い場所で、地上123mの高さにある展望台に登れば広がる海岸線と福岡市内の様子をずっと眺めることが出来ます。

展望台は360度のパノラマになっているので一周をすると福岡市内のだいたいの様子を知ることもできます。

福岡市内には博多駅周辺や天神といった大きな繁華街がある一方で、海岸には公園や遊泳場などのウォーターフロントの景色があり、その2つの比較もまた見ていて楽しいものです。

館内のレストランもとてもおすすめ

せっかくの美しい景色がのぞめる展望台ですから、できたら内部にあるレストランでも食事を楽しんでみることをおすすめします。

福岡タワーの中には2つのレストランがあり、どちらも福岡市内の様子を眺めながらゆっくりと食事をすることができます。

メニューはもちろん福岡名産品をふんだんに使ったものが取り揃えてあるので、福岡に到着して間もないという人も最初に福岡タワーを堪能すれば一気に身近に福岡・博多という町を身近に感じることができるようになります。