九州の優れた食材を全国に発信する

九州の食EXPOは、食材に恵まれた土地である九州地域の特産品を全国に発信するために行うイベントです。

イベントは2014年に初開催をされ初年度にもかかわらず1万2千人以上の来場があったとされており、出展をした156社の企業も多くの顧客を獲得したとして大変な大盛況となりました。

その勢いを2015年にも引き継ぎ、3月20~21日の2日間をかけて西日本総合展示場で行いました。

入場は無料で3月20日は「ビジネスデー」として基本的にBtoBのための日とし、翌日21日には一般の人も自由に食品を見て楽しむことができる「イベントデー」になっていました。

期間中には各種セミナーや講演も行われており、九州の食文化をビジネスにつなげようという全国の食品業者が熱心に聞き入っていたといいます。

圧巻のフードライブステージ

イベントで大好評だったのが「フードライブステージ」として行われた実際の料理人による調理実演です。

テレビ番組などでも人気があったように、一流の料理人の作る料理というのは一つの職人芸としての動作美があり聴衆は美味しそうという気持ちとは別にその手さばきについ見入っていました。

残念ながらこのフードライブステージのチケットは限定100席のみであったためプレミアムチケットとなっていましたが、運良く入場できた人は福岡の食材をそのまま生かした料理を食べることができました。

今後ますます大きくなっていくことが期待できる九州の食EXPOは、これからも九州と福岡の食文化を大いに発展させていってくれることでしょう。